兵庫川西 ダイエットカウンセラーが教える!『ゆっくり食べれば太らない』は間違い!かも


『ゆっくり食べれば太らない』は間違い! かも

ダイエットの時の食べ方として、「ゆっくりよく噛んで食べるように...、早食いは肥満の原因」と言われています。


では、『ゆっくり食べれば太らない』のか?というと、
実はそうではなく太る原因になることもあるんです。


食事を摂ると血糖値が上がりますが、それには約20分程の時間を必要とします。

さらによく噛んで食べることで、胃での消化を助けるので血糖値の上昇も早まります。

 血糖値の上昇によって満腹感が得られるので、「しっかり噛んで食べるように...」とか「早食いは満腹感を得る前に食べ過ぎてしまうのでゆっくり食べるように...」というのがダイエットをする上での絶対的定説となっています。



しかし、長時間かけての食事が食べ過ぎにつながりかねないというお話をさせていただきます。
それは、私達が感じる「満腹感」は血糖値の上昇によるものと、胃の中に食物が入って膨らんで得られるものがあります。


食べ物を摂取すると、胃や腸が活発に仕事を始め、(食べた物にもよりますが)10分程度で胃から十二指腸、小腸へと運ばれ始めます。そして1〜3時間の時間をかけて初期の消化が終わり完全に腸に送り出されるんです。


さらに胃に入ってくる食べ物の量によって、胃の中にとどまる(消化にかかる)時間にも違いが出ます。同じ量の食べ物を食べる時、一気に食べるか小分けに少しずつ長い時間かけて食べるかで違いがあるんです。


小分けに少しずつ長時間かけて食べていると、常に胃に空きスペースがあり「満腹感」を感じにくくたくさんの量を食べることができてしまうのです。


ですので、『フルコース』の食事には注意しなければいけません。


フレンチのフルコース料理で1500kcal〜2000kcalあると言われ、

このカロリーは成人の1日分に匹敵します。

(1食で1日分の必要摂取カロリーを摂っていることになります)。


普段通常量しか食べていない方にフルコースの料理が全て一度に出されたのなら、全て食べきるのはかなり大変でしょう。もしかしたら半分くらいしか食べられないかもしれません。


ゆっくり時間をかけ少しずつ食べているから胃に空きスペースができ、しかも長時間にわたっているので胃から腸へどんどん送り出されているので、満腹にならずに、高カロリーでも食べきってしまっているんです。


またコース料理でなくても、時間差で次々に一品料理が出されるような食べ方も同様です。


血糖値の上昇による「満腹感」を得るには20分以上の時間が必要ですが、胃の空きスペースを作らないためには長過ぎる食事時間は逆効果だということです。
時間差で次々に食べ物を出さず、最初に全部並べて、30分程度の時間で食べきるようにするのが良いでしょう。
ついつい食べ過ぎている原因が何かを認識し、ご自分の食べ方を見直してみるのも、ダイエットにつながるかもしれませんよ。



兵庫川西【ダイエット専門店】女性パーソナルトレーナーが女を磨くボディメイク法を伝授。Beauty and Relaxation for Hogushiya&Aiへようこそ!

兵庫県川西能勢口駅徒歩3分! 〜女性が美しくなるメカニズム3か条〜 美容と健康、そして体に優しい薬膳を。 ダイエット、ボディメイク、体質改善、生活の見直し、食の見直し、肩こり、腰痛、膝痛〜リラクゼーションマッサージ、リンパマッサージまで。マンツーマンで丁寧にご指導いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000