兵庫川西 おすすめマッサージ『疲れがとれない女性が急増中!慢性疲労症候群』

しっかり寝て休養もとっているのに、疲れが取れなかったり、カラダが重くて怠いっていうご経験は誰でもあると思います。

そのような倦怠感や疲労が長期間続き、日常生活に支障をきたすような症状を『慢性疲労症候群』と言います。
最近の傾向では20代の女性の多くが悩まされているという調査結果も出ているようです。




『慢性疲労症候群』の細かい症状とはどんなものなんでしょうか?

一般的にはその名の通り、慢性的な疲労感や原因不明の倦怠感が長期間続きますが他にも様々な症状があらわれるようです。

・ちょっとしたことで疲れ、またその疲れが長期にわたって取れない。
・微熱 ・頭痛 ・喉の痛み ・発熱(寒気、悪寒) ・節々(関節)の痛み
・異常な肩コリ ・リンパ節の痛みや腫れ ・筋肉痛 ・脱力感
・集中力の散漫 ・睡眠障害 ・記憶力、思考力の低下 ・不安症
など多岐にわたります。




『慢性疲労症候群』と一般的な疲労の違いは?

誰しも『疲労」(=肉体的、精神的)に襲われ倦怠感が続くことはあります。しかし『慢性疲労症候群』は一般的な疲労とは違いがあります。


  1. 体調不良(疲れ)の原因が不明で検査でもわからない。
  2. 普段どおりの生活をしているにもかかわらず微熱や倦怠感が半年以上続いている。
  3. 症状の影響で仕事や日常生活に支障をきたす。
  4. しっかり休息をとっても薬を飲んでも症状が改善しない。
  5. 最低限の生活(食事、入浴など)だけでも異常な疲れがある。

『慢性疲労症候群』の患者さんの1/3以上の方が、一人で生活することが出来ず、介助が必要で、寝たきりになっているとも言われています。
確実な治療法がないことに加え、『慢性疲労症候群』の方にとっては病院に行く行為自体が出来ず、重症化することが多いようです。

『慢性疲労症候群』のセルフチェック

①十分な休息をとっているが丸一日以上疲れがとれない
②疲労感の原因が不明
③原因不明の頭痛
④頚部リンパの腫れ
⑤微熱が続く
⑥原因不明の喉の痛み
⑦長期間の筋肉痛や関節痛
⑧睡眠障害(過眠、不眠)
⑨筋力の低下
⑩集中力や思考力の低下


上記の10項目中、6ヶ月以上続く( or 頻繁に繰り返し起こる)項目がいくつあるかで、

『慢性疲労症候群』の可能性が疑われます。


当てはまる項目が
0(無い) ⇨『慢性疲労症候群』では無いでしょう
1〜3個 ⇨『慢性疲労症候群』が疑われます
4個以上⇨『慢性疲労症候群』を発症している可能性あり
結果は1つでも当てはまるものがあり、かつ半年以上続いているなら、『慢性疲労症候群』や他の病気の可能性がありますので、早めに医療機関を受診されることをオススメします。




『慢性疲労症候群』が20代の女性に増えている?

男性に比べ女性の方が長期的なストレスに弱く、自分の感情を口にして共感してもらえる環境に無いと、どんどん蓄積してしまうそうです。

さらに、20代や30代の女性には多大なストレスがかかるようです。

仕事はもちろん家事でのストレス、結婚や出産などの環境の変化、人間関係などストレスに溢れた生活を強いられます。

これらのストレスを打ち明け発散できる人は良いのですが、そうで無い場合どんどん蓄積してしまいます。
特に精神的ストレスは不眠や拒食、過食などカラダにも大きな悪影響を及ぼします。
また、女性には月経によるホルモンバランスの変化もあり、この時期は特にストレスが蓄積しやすいとも考えられています。
無理なダイエットや繰り返しのダイエットもホルモンバランスを乱す一因です。
『慢性疲労症候群』は周囲にも理解されにくい病気で、この事でさらに症状を悪化させることになります。

https://yukibodymake.storeinfo.jp/pages/790801/page_201701081805



兵庫川西【ダイエット専門店】女性パーソナルトレーナーが女を磨くボディメイク法を伝授。Beauty and Relaxation for Hogushiya&Aiへようこそ!

兵庫県川西能勢口駅徒歩3分! 〜女性が美しくなるメカニズム3か条〜 美容と健康、そして体に優しい薬膳を。 ダイエット、ボディメイク、体質改善、生活の見直し、食の見直し、肩こり、腰痛、膝痛〜リラクゼーションマッサージ、リンパマッサージまで。マンツーマンで丁寧にご指導いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000