兵庫県川西『ほぐしや』マッサージスペース〜「中性脂肪とは…」


皆さんは、
健康診断などで『中性脂肪』
の数値が高いです。
と言われたご経験はありませんか?
 
 
 
中性脂肪は敵じゃない!
 

「脂肪」と名のつくものは、
ついつい『悪』と思いがちですが、
決してそうではありません。
 
 
『中性脂肪』は
貴女のカラダを動かす為
の生命活動に必要なエネルギー源で、
必ずしも『悪』ではないのです。
 
 
 

中性脂肪が高過ぎると…

 
しかし、
『中性脂肪』の血中内の値
が高過ぎると、
「動脈硬化」や「心筋梗塞」
などのリスクが高まります。
 
 
中年期以降にリスクが
高い傾向がみられますが、
若いうちから『中性脂肪』の存在を
理解し対策をとる事が必要です。
 
 
 
 
  • 中性脂肪と体の仕組み
 
食事等から摂取した「脂質」は、
①小腸で吸収分解され血液に入り、
生命活動のエネルギーとして使われますが、
 
②使いきれずに余った分を「皮下脂肪」や「内蔵脂肪」として蓄えておきます。
 
 
この②が、皆さんを悩ませる『中性脂肪』です。
 
 
「有酸素運動で脂肪を燃やす」
と言われているのは、この②の再利用のことです。
 
 
また、
エネルギーが不足している時に、
一番効率良く利用出来るのが「脂質」
ですので、完全不要というわけではありません。多過ぎると
問題になるということです。
 
 
 
  • 中性脂肪の正常値数値と危険値数値
 
 
正常な『中性脂肪』の数値は、血液検査でコレステロール値と中性脂肪値を調べると解ります。
 
 
「30〜149」
の範囲内が正常といわれ、
「29以下」低中性脂肪血症、
「150以上」が高中性脂肪血症
で3段階あります。
 
「29以下」の低中性脂肪血症
の場合は、その原因を調べる必要があります。
 
 
「150〜299」
の軽度の高中性脂肪血症場合は、
運動や食事による改善を目指します。
 
 
「300〜749」の中度では、
運動や食事に加え投薬による治療
も必要になり、お酒を飲まれる方は飲酒制限も必要です。
 
 
「750以上」の高度になると、即薬物治療となり、「膵炎」を発症している危険もあります。
 
 
 
以上のように、『中性脂肪』の値は、
低過ぎても高過ぎてもだめなのです。
まずは生活習慣を見直し、改善を心掛けましょう!
 
 
「食事は内容(質)と食べ過ぎ(量)に注意」「アルコールも飲み過ぎに注意」
「適度な運動」が基本です。
 
 
 
最後に
『中性脂肪』の数値を下げる効果のある食品をご紹介。
 
①アジやイワシ、サバなどの青魚
《DHAやEPAなどの血液を
サラサラにする成分を多く含む》

 ②くるみなどのナッツ類
《αリノレン酸という脂肪酸を含む》
 
③納豆
《納豆キナーゼといわれる
血液サラサラ成分を含む》
 
④えごまオイルやアマニオイル
などのオメガ3といわれるオイル

⑤黒酢などのクエン酸
 
⑥きのこ類やオニオンなどの野菜
 
⑦海藻類
《ヌルヌル成分が血糖値や血圧、
コレステロール値を抑制》
 
⑧緑茶などのカテキン
《脂肪やコレステロールの吸収を抑制》
 
など、普段食べている食品
だと思いますが、
今一度ご自分の食事を
見直してみる参考にしてください。
 
 
 
 
 

兵庫川西【ダイエット専門店】女性パーソナルトレーナーが女を磨くボディメイク法を伝授。Beauty and Relaxation for Hogushiya&Aiへようこそ!

兵庫県川西能勢口駅徒歩3分! 〜女性が美しくなるメカニズム3か条〜 美容と健康、そして体に優しい薬膳を。 ダイエット、ボディメイク、体質改善、生活の見直し、食の見直し、肩こり、腰痛、膝痛〜リラクゼーションマッサージ、リンパマッサージまで。マンツーマンで丁寧にご指導いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000