兵庫県川西 パーソナルトレーナーがお届けする! 痩せるひと、痩せられないひと。


「そんなに食べてないんですど・・・
なんで!?痩せられないの」
という話、私は仕事柄か?大変よく耳にします。
 
 
女性はみんな「痩せたい!」願望が
あるんですよね~

痩せるとは、女性にとって
永遠のテーマだと思います。



私にも、痩せたい!願望はあります。
だけど、少し違うんです。
 
 
私は、お尻のたるみと骨盤から太もものあたりが気になるんです。
サイズ的には、たぶんOK!なんですが
全体のバランスが、悪くて・・・




私のような願望を持たれている方も多いと思います。
 
 
 
今回は、痩せる。痩せたい!について情報盛りだくさんでお話してみようと思います。

 
まず、「痩せたい」は女性にとって口癖⁉︎かもしれませんね~
 
 
痩せたいということは=太ってる!?
とは限らないけど自分では、太っていると思っていたり、私のように部分的に気に入らない。


だから、何とかしたい!という美意識が大きく関係している思います。
 
 

「美意識」を持つことは、
とても大切です。

 
 

美意識が高まれば、
何らかの努力はするはず・・・

 
 
まず、痩せたい!綺麗になりたい!
今の自分では、満足いかない!と思ったらとにかく、行動に移しましょう!
 
 
行動あるのみ。
 
 
ですが、その前に・・・
 
 
■太る人、痩せらる人について考えてみましょう!
 
 
▼ 体質による痩せやすい人、太りやすい人
 
まず、太る体質、痩せやすい体質という感じでそれぞれ体質があるとは思います。



 
まず、遺伝子的な問題があります。
ご両親や、親戚に太っている方が多い人は太りやすい遺伝子をもって生まれています。
 
 
※だからといって、必ず太る、痩せられないというわけではないので
ここであきらめてしまわないでくださいね!
 
 
次に、幼少のころの食事内容です。
小学校低学年くらいまでの食事内容がとても重要なようです。
この頃、ボリュームのある食事をして育ってしまうと肥満遺伝子ができてしまうと言われています。



 
これから子育てのお母さんたちは、
お子様の未来のために、お食事に気を付けてあげてくださいね~
 
 
ここまでは過去を振り返ってもどうしようもないこと(´;ω;`)
振り返らずに、前進しましょう!

この事実を知っておくことは、
今後の体型の大きく影響するのだ!

例えば、私のように20代からパーソナルトレーナーの仕事をしていると、基本的に1日の内で、座っているより動いている時間が断然多い肉体労働タイプ。


かたや、就職してずっとデスクワーク。
1日6~8時間同じ姿勢で、じっとパソコンの前に座っているタイプ。
動くのはトイレに行く時間と、お昼休みに移動する程度。



 
この代謝量の違いは、
1日の消費カロリー×365日×年数
で出すと、かなり大きな差が出てくることがわかりますよね~
 
 
日々積み重ねる代謝量は、
数年後の体型に大きく影響すること
わかっていただけましたでしょうか?
 
 
とはいえ、仕事を変えるわけにはいきませんよね。
それなら、この「運動量の差」出来るだけ小さくしませんか?
 
 
代謝量が低いことが原因かも?
と思われたら早速、運動始めましょう!
 
 
ヨガ・ボディメイク
ウォーキング・水泳
なんでもいいと思いますよ。




まずは、ご自分の興味のあるにチャレンジすることが大切です。
 
 
代謝量のことはもっとたくさんお話したいのですが、長くなりすぎるので、また改めてお話することにしますね。
 
 
 
▼食生活による痩せやすい人、太りやすい人
 
さらに、食事内容です。
 
 
栄養の知識がある方、そうでない方
考えながら食べている方、好きなものを好きなように食べている方ここで、さらに大きな差ができてしまいます。
 
 
例えば、同じものを食べたとしても、
食事の順が違うだけでも太りやすかったり、太りにくかったりします。
 
 
さらに、食べている内容がとても重要です。このお話はさらにさらに深いお話になるので、数回に分けながら、今後ゆっくりわかりやすく説明していきたいと思います。
 
 
まず、内容は変えられなくても
食べる順番を変えることは、難しくありませんので、今日から早速、実行してくださいね!
 
 
●正しい食べる順番
 
スープ(お味噌汁)⇒サラダ(野菜)⇒肉・魚など⇒ご飯(パン)
 
※絶対、炭水化物から食べないようにしましょう!
 
 
今回は基礎代謝のお話をしておきます。
 
◆基礎代謝とは、
生きていくために、最低限必要な活動エネルギーのこと。内臓を動かしたり、体温を維持するなど。
 
 
◆基礎代謝が下がる理由
 
基礎代謝は加齢と共に低下します。
10代で代謝量のピークを迎え、その後は徐々に下がります。
40代を過ぎると低下するスピードは
さらにアップ。
 
 
◆男性と女性の基礎代謝量の差
 
男性に比べて女性は、
基礎代謝量が低いです。
男性の方が筋肉量が多いためです。
同じ食事の内容では、間違いなく女性の方が太ってしまいます。
 

 
◆1日の総消費エネルギー
 
基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)が一日の総エネルギー消費量です。

兵庫川西【ダイエット専門店】女性パーソナルトレーナーが女を磨くボディメイク法を伝授。Beauty and Relaxation for Hogushiya&Aiへようこそ!

兵庫県川西能勢口駅徒歩3分! 〜女性が美しくなるメカニズム3か条〜 美容と健康、そして体に優しい薬膳を。 ダイエット、ボディメイク、体質改善、生活の見直し、食の見直し、肩こり、腰痛、膝痛〜リラクゼーションマッサージ、リンパマッサージまで。マンツーマンで丁寧にご指導いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000