兵庫県川西ボディメイクトレーナーがお届けする!あなたの歩き方は大丈夫?


あなたの歩き方は大丈夫?
美脚ウォーキングの秘訣 第2弾

◆自分の歩き方をチェック

自分がどのような姿で歩いているかは、ショーウィンドウなどを見てチェックすることが必要ですが、次のようなことに心当たりがある場合は、正しくない、美しくない歩き方をしていると言えます。



◆靴をチェックしましょう!

一つは靴の底の減り方で、自分の歩き方のクセが分かります。

  • 靴の外側が減っている人
O脚の人は靴の外側が減りやすいです。

  • 靴の内側が減っている人
X脚の人は靴の内側が減りやすいです。

  • 靴のかかとが減っている人
足が上がらず、足を引きずって歩いている傾向があります。

  • 靴のつま先が減っている人
つま先が上がらず、前につんのめるような姿勢で歩いている場合、つま先に重心がかかりつま先が減ります。

  • 左右の靴の減り方が違う人
骨盤の歪みなどにより左右どちらかに重心がかかっている人に多いです。

歩き方によるメリットとデメリット
日常生活において『歩く」ということは移動の手段の一つで欠かすことができません。そのため、正しくない歩き方をしていればデメリットが発生し、正しく歩くことでメリットが生まれてきます。

悪い歩き方によるデメリットとは
悪い歩き方は外見的な問題だけではなく、足や体に顔にまで、悪影響を及ぼすと言われています。どのような影響があるのか?知っておきたいですよね。

  • 内股で歩く人の場合
内股で歩いていると、骨盤が横に広がりやすくなります。お尻の筋肉も低下し、扁平尻になる可能性が。また、脚の外側全体に筋肉がつきやすくなるので、ふくらはぎや太ももが太くなります。さらに、長く続くと股関節にも負担がかかり、痛みは出ることもあります。

  • ガニマタで歩く人の場合
足首や膝に負担がかかりやすく、足が疲れやすいといったデメリットもあります。また、腰痛の発生も高くなります。なによりも、この歩き方は、女性がすると、見た目的にかなり悪いので気をつけておきたい歩き方です。

  • 前かがみになって歩く人の場合
1番にこの歩き方は、つまずきやすい傾向にあります。階段などでは、大怪我のもとになりかねません。また、この歩き方が長く続けられていると、開張足になり外反母趾や内反小趾の原因に。

  • 足を引きずるように歩く人の場合
股関節が硬くなると足が上がらず、足をズルズルとひきずるように歩くことになります。この歩き方が続くと、血行が悪くなり足もむくみやすく静脈瘤なども発生しやすくなります。また、ぽっこりお腹の原因にもなります。
このように歩き方にクセがあると、血行も悪くなり、冷え症やむくみ、静脈瘤を招きます。また、足の循環が悪くなることで代謝も低下し、健康全てに影響を及ぼすことも。


正しく、美しく歩くことによって
得られるメリットとは
  • 足痩せ効果
正しく歩くことは、足の筋肉がバランスよく使われるということになりますのでおのずと代謝が上がり、引き締まった脚をゲットできることは夢ではありません。

  • 下腹のぽっこり解消
正しく歩くことで股関節の可動域や運動量が増えれば骨盤への負担も減り、下腹のぽっこりも解消になります。

兵庫川西【ダイエット専門店】女性パーソナルトレーナーが女を磨くボディメイク法を伝授。Beauty and Relaxation for Hogushiya&Aiへようこそ!

兵庫県川西能勢口駅徒歩3分! 〜女性が美しくなるメカニズム3か条〜 美容と健康、そして体に優しい薬膳を。 ダイエット、ボディメイク、体質改善、生活の見直し、食の見直し、肩こり、腰痛、膝痛〜リラクゼーションマッサージ、リンパマッサージまで。マンツーマンで丁寧にご指導いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000